顧問弁護士

顧問弁護士って何?

顧問弁護士というのは、顧問契約を結び、定期的に顧問料を支払って、継続的に相談や依頼を受ける弁護士を言います。が・・・これでは、「頭痛というのは頭が痛いということです」みたいな説明ですね(苦笑)

実際、顧問契約の内容というのは様々で、事務所や相手の規模などによっても違うのですが、従来型の顧問契約は、法律相談は無料で、個別事件の依頼は別途有料、という形だと思います。
最近では、顧問料自体は格安の料金で、法律相談でも有料という事務所もあれば、逆に、無料のメニューが多い代わりに顧問料も高額、といった事務所が出てきているようです。

顧問弁護士をお探しの方、
私は、広島市で15年以上の弁護実績があります。
依頼者の正当な利益を守るために、攻めの姿勢で、できる限りの手段をつくし弁護いたします。
今すぐ豊富な実績と攻めの大村法律事務所にご相談ください。

電話番号:082-222-4242

平日の相談が難しい方のために、夜間、休日の法律相談も可能です
メールの方はこちらからお問い合わせ下さい。

気軽な相談環境が一番のメリット

顧問契約を結ぶメリットは何でしょうか?

弁護士と継続的な関係を持ち、いつでも気軽に相談できる環境が、一番のメリットでしょう。こういうと、「何それ?」という回答が返ってきそうですが、意外に重要なことなのです。

われわれが事件を扱う際、もう少し早く相談に来てくれていたらと思うことはよくあります。トラブルというのは、早めに対処すれば事なきを得ることも多いのですが、こじれてしまうと、どんなに優秀な弁護士が頑張っても取り返しがつかないことが多いのです。
だから、早期の相談というのは、皆さんが考えるよりずっと重要です。

でも・・・トラブルに巻き込まれたとき、あわてて弁護士を探し、どんな人かも分からないままで一大事の相談をするというのは、相当なストレスですよね。しかも多くの場合、急を要するでしょう。
お金もかかる。どんな対応をされるか分からない。
「まあいいや、大したことないだろうし」と思って弁護士に相談する前に諦めてしまうことが多いのではないでしょうか。
そう考えると、相談しやすい弁護士が身近にいるというのはメリットが大きいのです。

もう1つ覚えて置いていただきたいのは、弁護士は、法律だけでなく、紛争解決のプロなのです。つまり、トラブルになるのはどんな場合か、トラブルを防ぐにはどうしたらよいか、という点について、知識と経験をつんでいるのです。

例えば、何か新たな事業の立ち上げを行いたい場合、もしかしたら、想定していないリスクがあるかもしれません。優秀な経営者ほど行動力があるため、勇み足でリスクを見落としてしまうことがあります。それを避けるためにも、事前に相談を行うことは重要です。こういう相談の際は、自分のことをよく分かってくれる顧問弁護士でなければ難しいでしょう。

まじめな仕事をしていても、言われのないクレームを受けることはあるものです(よろしければ、理不尽な請求に関する説明もご覧ください)。こういった場合の適切な対処も、早めに弁護士に相談していただくのがよいと思います。

迅速な対応と細かな配慮

継続的な信頼関係、というのは、あなたにとって身近というだけではありません。弁護士のとっても、いわば「常連」の扱いになるわけですから、一般の依頼者に比べ、迅速かつ細かな気配りを意識します。

例えば、私が出張中に、出先から緊急対応、といったことは、顧問先でなければなかなかできないことです。

当然、一見さんだからといって、手を抜くような仕事はしません。しかし、元々よく知っている人だからこそ言われなくても分かることはたくさんあります。だから、当然、配慮も行き届きやすいでしょう。

本当の信頼関係を気づくために

もっとも、そんな関係は、お金を支払っているだけで築けるわけでもありません。
日常的に相談を受けて初めて密な関係は出来上がるでしょう。

どうしても最初は難しいと思います。
私としても、会社の状況は早めに知っておきたいと思います。

そこで、当事務所では、契約開始当初に、就業規則、日常的に取引で使っている契約書類について、追加料金なしでチェックさせていただきます。

弁護士業務の経験からして、長年使っているこれらの書類でも、意外とよく分からず使っており、法律的な問題があるケースは結構有ります。

そこで、契約当初に、内容チェックをさせていただきます。それを通じて、私も会社のことを知ることができます。

当事務所における顧問契約の特典

法律相談は、原則として無料でお受けします。これ自体で、顧問料がペイできるとは思えませんが、些細なことでも気軽に相談できるというのは大きなメリットだと思います。
また、当事務所では、顧問契約を結んでいる方(顧問先)に限り、電話、メールでの相談をお受けします。

「相談にあたってのお願い」でも書いたとおり、当事務所では、法律相談の際、必ず来所頂くことにしています。信頼関係のない相手と電話やメールでやり取りするのは、行き違いを生じる元になるからです。

しかし、継続的な信頼関係がある顧問先との間では話は違います。簡単な相談であれば、電話やメールで済ませられることもあるでしょうし、緊急対応のためにはメリットのある手段でもあります。
このことから、顧問先に限り、電話、メールでの相談をお受けしているわけです。

ただ、電話でのメールの相談の結果、お会いしなければどうにもならないケースもあろうと思います。その際には、来所いただかざるを得ませんので、ご了解ください。

顧問契約が役に立つ場面

顧問契約が役に立つ場面というのは、例えば以下のような場面です。
①契約書の作成
必要なことを書いているつもりでも、慣れない人が作るとつい漏れが生じてしまうもの。普段から気軽に契約書の相談ができるというのは、大きなメリットです。
②債権回収
債権回収は、弁護士の業務の典型的な場面の1つですが、早めの段階で相談しておくことで、回収がスムーズに行くことが期待できます。
詳しくはこちら
③苦情対応
誠実に仕事をしていても、苦情というのは受けてしまうことがあります。多くの顧客を相手にする職種では特にその傾向が強いでしょう。弁護士は、そういったトラブルの対応のプロでもあります。自分たちで対応する場合でも、すぐに相談できるので自信を持って対応できるでしょうし、相手に対して相談した上での対応であることを明示することで、発言の説得力も違ってきます。

顧問契約は保険と同じ?

私が顧問契約を結ぶ際、「顧問契約は保険と同じようなもの」と表現された方がいました。
これは、ある面においては、言いえて妙だと思います。

保険の掛金も、何も起こらなければ結果的にはただの無駄金です。この点は、顧問料と同じのはずです。しかし、後から振り返って、「保険の掛金は無駄だった」と後悔する人はあまりいませんよね。

そして、保険は、損害が発生したときに代わりのお金を受け取るだけですが、顧問契約により早期相談の機会ができれば、トラブルを未然に防げる可能性があります。

あなたが掛けている損害保険、生命保険の費用を考えてみてください。顧問契約は、安心を買うという意味では、保険よりもむしろ安価なのではないでしょうか?

顧問契約に関する相談はこちら

顧問弁護士をお探しの方、
私は、広島市で15年以上の弁護実績があります。
依頼者の正当な利益を守るために、攻めの姿勢で、できる限りの手段をつくし弁護いたします。
今すぐ豊富な実績と攻めの大村法律事務所にご相談ください。

電話番号:082-222-4242

平日の相談が難しい方のために、夜間、休日の法律相談も可能です
メールの方はこちらからお問い合わせ下さい。

このページの先頭へ