不動産賃貸借

貸主、借主両方に知っておいて頂きたいこと

不動産の賃貸借は、長期間継続することが多いため、売買などの単発の契約に比べて、トラブルが生じやすいものです。

また、貸主のほうが圧倒的に強い場合が多いので、放っておくと貸主の思い通りに物事が運んでしまうことが多いといわれています。

このため、建物、及び建物所有目的の土地の賃貸借については、借主保護を目的とした借地借家法という法律があります。トラブルに対処するうえでは、この法律を念頭に置かなければいけません。

借主の方は、自分を守る法律ですから当然知っておくべきですが、貸主の方も無視するわけにはいきません。法律がないのを前提にして行動してしまうと、あてが外れて損をしてしまうことがあります。

不動産賃貸借トラブルで弁護士をお探しの方、
私は、広島市で15年以上の弁護実績があります。
依頼者の正当な利益を守るために、攻めの姿勢で、できる限りの手段をつくし弁護いたします。

今すぐ豊富な実績と攻めの大村法律事務所にご相談ください。

電話番号:082-222-4242

平日の相談が難しい方のために、夜間、休日の法律相談も可能です。
メールの方はこちらからお問い合わせ下さい。

貸主の方、借主の方の立場から、それぞれ巻き込まれやすいトラブルをまとめました。
詳細は下記をご覧ください。

貸主の方はこちら

借主の方はこちら

このページの先頭へ