相談にあたってのお願い

相談や依頼をお考えの方へ。迷っている方へ。
弁護士に法律相談するとなると緊張する方もいらっしゃいますが、緊張は不要です。
気軽に相談していただけるように、相談にあたっての心がまえや準備などをまとめました。
法律相談の際の参考にしてください。

緊張や遠慮は不要です

多くの皆さんは、弁護士に相談すること自体が初めてだと思います。そのせいもあり、時には、緊張されているのがありありと伝わってくる方がいらっしゃいます。

緊張は必要はありません。

あなたは、大きな問題を解決するために弁護士に相談しようと考えておられます。私はあなたの味方になるために相談をお聞きするのです。

どうか、リラックスして相談してください。

お手数ですがご来所ください

当事務所では、電話やメールでのご相談は、原則としてお受けしておりません。
お会いしてからでないと伝わらないことが数多くあるからです。

例えば、真剣に相手を探す合コンやお見合いを、電話やメールですることがありますか?こんなたとえ話をすると、ふざけていると思われるかもしれませんがいたってまじめな話です。

事件の依頼をお受けすることになれば、私とあなたも、何ヶ月、何年、お付き合いをすることになるかもしれないのです。信頼関係を築くことができる相手かどうか。これはきわめて重要です。

直接お会いすることで、あなたの今の気持ちや精神状態が直接、伝わるかもしれません。あなたも私が信頼できる弁護士か、頼りがいがある弁護士か、ということを判断できるかもしれません。

お会いするということは、それ自体が大事なのです。

資料はできる限りお持ちください

相談する際には、関連するかもしれない資料は、できる限りお持ちください。 せっかく事務所に来ていただいて相談をお受けするのですから、見れるものは全て見せていただかなくてはもったいないです。

裁判の世界では、書面は、一般の方が思っている以上に重視されます。少しでも正確な見通しを立てるためには、書面を確認することが必要なのです。

資料が多いなどの場合には、短時間の相談では全ての資料に目を通すことは難しいかもしれませんが、できる限りの資料を確認させて頂きたいと思います。

事前に相談内容をおまとめいただくとスムーズです

相談に来られる前に、相談したい内容を文章にまとめていただくのは非常によいことです。

時間が節約できるとか説明漏れが防げるといった直接のメリットはもちろんですが、それだけではありません。

あなた自身が、自分の問題をより深く理解できます。文章にしてみると、自分が何に悩んでいるのか、どうすれば解決するのかが分かりやすくなることは多いのです。

少しでも整理がしやすいように、相談準備のためのテンプレートを準備しました。相談準備シートはこちらからダウンロードいただけます(Excel,PDF)

理解できなかったら聞き返してください

複雑な事案では、問題点がわかりにくいものです。また、法律的な説明というのは慣れない方には分かりにくい場合があります。

申し訳ないのですが、私は普通の人より早口ですので、理解しきれない間に次の話に入ろうとするかもしれません。

分からなかった説明は、遠慮なく聞き返してください。同じ話の繰り返しでもかまいません。質問が的を外れているのではないか、なんていうことも気にする必要はありません。仮に質問の内容が本筋から外れていたとしても、そういった質問をして頂ければ、あなたにどこを理解していただかなければいけないのかを判断できます。 黙って聞いているだけでは前に進めません。何のために相談に来たのか分からなくなってしまいます。

あなたの「なぜ」を大事にします

専門家の中には、「何も言わずに任せておけ。素人は口を出すな」というタイプの方もいます。しかし、私は、事件の主役はあくまで依頼者であると考え、ご本人の結論を出す上での理由や過程の部分を大切にしたいと考えます。

「なんとなく」とか、「とりあえず」といった漠然とした感情で結論を出すのはとても危険なことです。
その一方で、全て人の考えはそれぞれ。完全に人任せでは、「こんなはずではなかった」ということにもなりかねません。あなた自身に「なぜ」を理解し、選択の長所、短所を見極めたうえで、本当はどうしたいのかを考えてほしい。だからこそ、選んだ結論に伴って予想される見通しにこだわりたいと思います。

聞きたくない話も必要です

相談の際、私は、あなたにとって不利な話や、耳の痛い話をするかもしれません。聞きたくないことを聞くかもしれません。

弁護士の仕事は、問題を解決することです。そのためには、事実と向き合うことが必要です。あなたのききたいことだけを話すわけにも、話したいことだけをきくわけにもいかないのです。

情報の聞き漏らしで公開してもらわないために。私は、質問もアドバイスも率直にします。

ご相談はこちら

私は、広島市で15年以上の弁護実績があります。
依頼者の正当な利益を守るために、攻めの姿勢で、できる限りの手段をつくし弁護いたします。
今すぐ豊富な実績と攻めの大村法律事務所にご相談ください。

電話番号:082-222-4242

平日の相談が難しい方のために、夜間、休日の法律相談も可能です。

メールの方はこちらからお問い合わせ下さい。

このページの先頭へ